格安SIMスターモバイルの代理店というビジネスモデルについて

Pocket

最近、スターサービスという格安SIM販売会社の代理店になったのですが、私が代理店になろうと思った経緯やメリット・デメリットの部分について書きたいと思います。

代理店になろうと決意したきっかけ

きっかけは知り合いからのちょっとした声掛けでした。

「こういう通信のビジネスモデルがあるらしいけど、興味ない?」

 

とだけ言われ、A4サイズほどのパンフレット冊子をもらいました。

そのときもらったパンフレットがこちらです。

その時点では興味が湧かなかったのですが、たまたまスターモバイルの社長が東京でセミナーするということで、
東京の代々木で不定期に開催されているセミナーに、1人でこっそり参加することにしました。

社長がセミナーで語っていたスターサービスのポイント

 

1,携帯料金はいつまで払う?

携帯は今は生きる上での必須アイテムです。

いつまで持つかというと、おそらく死ぬまで持ち続けると思います。

仮に80歳で死ぬとしたら、私の場合だと今が31歳ですので、あと50年くらいは払い続けるということになります。

「払っている側が居るのであれば、受け取っている側も存在しますよね?

 もし、受け取る側になれるとしたら、良くないですか?」

 

という言葉が印象に残ったのを覚えています。

スターモバイルの代理店になることで、携帯料金を受け取る側になることができるという点が大きなポイントです。

2.自分や紹介者の携帯料金が安くなる or タダにすることができる

スターモバイルの料金体系は3種類のみとシンプルで、ポケットWi-Fiが1つと、携帯電話が2つです。

1つはソフトバンク回線のもの、1つがドコモ回線のもの、それとポケットワイファイです。

docomo、au、Softbankといった3大キャリアの平均金額は、1人あたり13,000円と言われていますが、

スターモバイルの利用料は、月額4860円で利用することができるので、単純に乗り換えるだけでも、月々の携帯代が安くなります。

スターモバイル代理店になって、たったの3人ほど紹介すれば、自分の携帯代は無料で使用することができます。

そして、紹介者がどんどん増えていけば、自分の収入にもつながっていきます。

多い人だとこのスターモバイルの代理店で毎月500万円以上稼いでおられる方もいらっしゃいました。

3.SIMを変えてもLINEも動画も写真もアプリも電話帳も全部そのまま使える

スターモバイル徹底解説|携帯電話の料金プラン、代理店募集の説明会やセミナー、報酬プランについて
「携帯の会社を変えるなんて難しそう」と思われがちですが、意外とカンタンです。

スマホであれば、必ずどこかにSIMカードという小さなカードが入っています。

実はこのカードが電話や通信をする上で必要な情報が全て入っているカードなのですが、これを差し替えるだけで、スターモバイルを利用できるようになります。

なので、スマホの中に入っている、写真や連絡先といったデータはそのままで利用できます。

4.回線はドコモとソフトバンクの回線なので品質の心配がない。

格安SIMと聞くと「品質が悪いのでは?」と思いがちですが、使用している回線はdocomoとSoftbankの回線を使用していますので、品質的には全く問題ありません。
言い換えれば、
docomoやSoftbankと全く同じ品質で、
同じ携帯、同じデータのまま今よりも携帯代を安くできる
ということになります。

5.継続率99.8%なので、継続的なストック収入(権利収入)になる

携帯料金という誰もが支払う固定費であるため、継続率が高いのも魅力の1つです。

スターモバイルの場合、解約率が年間1%未満というデータがあるので、100人紹介しても、やめるのは1年でたった1人だけ。

言い方を変えれば、辞めない確率99%ですので、1回作った収入が
ずっと継続して続いていくことも大きな特徴です。

これは、健康食品や美容品の物販や、他のMLMなどをやられたことがある方は分かると思いますが、
これほど継続率が高い商材は他にありません。

この凄さに気づいた人が、スターモバイルの代理店になって安定収入を得ることができるようになります。

 

1人紹介したらいくら入るのか?

 

ビジネスのポイントとしては、1人紹介すれば、いくら入るのか?ということが当然気になります。

スターモバイルの場合、報酬体系が数多くあって大きく分けると

・ストック型コミッション(月々貰えるやつ)

・ショット型コミッション(その都度もらえるやつ)

 

というざっくり2つに分けられます。

まずストック型というのは、4860円の利用料のうち、代理店に入る報酬です。

これがいくらなのかというと、最大30%である1,458円なので、

ざっくり言うと1紹介につき約1500円/です。

あとは、紹介者や組織の数に応じてタイトルが判別されるのですが、

自分を紹介してくれた人の紹介者もカウントされるので、
上段に居る紹介者(代理店)がどんどん紹介してくれる方であれば、あっという間にタイトル収入が貰えるようになります。

 

ワンショット報酬は、リクルートボーナス(紹介時に発生)は、1人あたり3,000円〜5,000円。

直紹介者が10人に達した場合は10Actボーナスとして10人増えるごとに3万円。

さらに上段の紹介者が入ってくれば、自分が動いていなくても、勝手にタイトルが上がっていき、

タイトル毎のデイリーコミッションやタイトルボーナスが報酬として入ってきます。

 

ここですべてを書くとものすごく長くなりそうなので、別ページにまとめました。

スターモバイル代理店の詳細が気になる方は、こちらのページをご覧ください。

 

通信費を支払う側から受け取る側へなりませんか?

 

 

ここまでご覧いただきましてありがとうございました。

また随時加筆訂正していきます。

 

石川孝介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください