TowerWalletの開設方法を解説

Pocket

BitCoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)UNIコインなど各種ERC20通貨が使えるウォレットとして
「TowerWallet」(タワーウォレット)というアプリがあります。

今回はその「TowerWallet」の使い方を解説していきます。

 

TOWER WALLETのアプリを無料ダウンロード

 

まずは、スマートフォンにTowerWalletのアプリをインストールします。

iPhoneとアンドロイド用でインストールするURLが違いますので、ご注意ください。

【ダウンロードURL】

iPhone
https://itunes.apple.com/jp/app/tower-wallet/id1438590032?l=en&mt=8

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.goldex.towerwallet

 

新規ウォレットの作成

 

TowerWalletのインストールが終わったら、アプリを起動して新規ウォレットを作成していきます。

アプリを起動するとこのような画面になりますので、

 

 

 

【新規ウォレットを作成】をタップします。

 

 

 

もし、この画面ができない場合は、端末の初期設定ができていない可能性があるとのことなので、お使いの各キャリア(au,docomo,softbankなど)かアップルショップ(iPhoneの場合)にて一度ご相談ください。

 

 

続いて、PINコードの設定です。

PINコードはセキュリティのために必要な数字で、ログインするときのロックを外す際や、送金する際に必要になるので忘れないようにしましょう。

1回めの入力が終わると、確認画面が出てきますので、
再び同じ数字を6桁入力してください。

復元フレーズを設定する

 

タワーウォレットの設定で一番独特なのが、この復元フレーズの設定です。

少し面倒なのですが、この復元フレーズは、必ずスクリーンショットや写メではなく、順番に書き出しておく必要があります。

復元フレーズの間違いがあると、ウォレットの資産の復旧ができなくなってしまうので、正しく書き写しておきましょう。

そして、絶対無くさないように大切に保管してください。

書き写す準備ができたら「復元フレーズを書き留めてください」をタップします。

 

するとこのように、ひらがなの復元フレーズが順番に表示されていきます。

全部で12個ありますので、全て控えておきましょう。

 

書き写したフレーズを入力していきます。

※このときに、スクリーンショットの場合だと画面を切り替えたりするのですが、切り替えると正しく設定ができないので、必ずメモや他の端末で管理する必要があります。

復元フレーズの入力が終わったら、次に6桁のPINコードを入力します。

PINコードの入力が終われば、設定は以上になります。

設定完了

 

設定が完了すると、このように自分のコインの残高が確認できるようになります。

受取アドレスの確認方法

 

DNAコインやAXEの残高を確認するときは、UNI-Gという部分をタップすれば、残高が見れるようになります。

例えば、DNAコインの受取アドレスを確認したいときは、「DNA」をタップして、下の「受取」を選択

QRコードのあたりをタップすると、自分のアドレスがコピーされます。

TOWERWALLETの初期設定のやり方は以上です!

復元フレーズとPINコードは大切なので、無くさないようにしっかりと管理しましょうね^^

 

DNAコインプレゼントキャンペーン開催中

 

今、DNAコインの公式LINE@を友だちに追加するだけで、DNAコインが100枚分がプレゼントされるキャンペーンが開催されているそうで、こちらが先着500名までとのことです。

しかも、自分のTOWERWALLETの受取アドレスを送るだけで、更に100枚追加でもらえるので、

合計で200枚も貰うことができます。
もちろん、無料です。

キャンペーンはこちらのフォームに入力後に、LINE@の登録ページへ自動で移動しますので、
ぜひ登録してみてください!

 

【DNAコインプレゼントキャンペーンページ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください